空き家解消への取り組み

2Book1-001
人口の減少、世帯数も減少で空き家の増加が社会問題になっています。

これから、多くの”空き家”が発生される予測となっています。

空き家の発生を抑制し、経済の活性化を図る新たな柱を育成することは、
政府の取り組みにもなっています。

問題を解消するキーワードは”流通”です。

既存住宅を流通させ、新たな住まい手が、建物を引継ぐことで
長く住宅を活用することで、CO2の削減などモノを大切にするエコにもつながります。

その為にも、流通性の高い価値のある既存住宅にしていかなければなりません。

方法としては、
・メンテナンスをしっかりとおこない、建物の価値を損なわないようにすること。

一般的には不動産鑑定上の価値が損なわれないことではあるのですが、
その発展系としては
・プロによる定期点検をおこなう(診断)
・日々のメンテナンスを自身でおこなえるようになる
です。

日常の維持管理こそが、建物の価値をいつまでも保ち
愛着あるの住まいになり、ていねいな暮らしへとつながっていき、
さらに価値を高めていくことにも。

ハシモトホームズでは、
定期点検・メンテナンススクールなど、建物の価値を損なわないように
維持管理業務を推進しています。